STELLANEWS.LIFEは、医療分野の最新情報を提供し、新たな治療法や研究の進展を伝えることで、患者さんや医療従事者への貢献を目指している。今回紹介するのは、Janssen-Cilag International NV(Johnson & Johnson社の一部)が欧州医薬品庁(European Medicines Agency、EMA)に提出した、移植適格な新規診断された多発性骨髄腫の患者を対象としたDARZALEX(ダラツムマブ)ベースの四剤療法に関する情報。

  • 提出日と機関→2024年3月6日、欧州医薬品庁(European Medicines Agency、EMA)。
  • 治療法→DARZALEX(ダラツムマブ)の皮下注射(SC)に、ボルテゾミブ、レナリドミド、デキサメタゾン(VRd)の組み合わせ(D-VRd)。
  • 対象患者→自家幹細胞移植(Autologous Stem Cell Transplant、ASCT)が可能な新規診断された多発性骨髄腫の成人患者。
  • 研究名→フェーズ3 PERSEUS研究。
  • 研究成果→標準治療法に比べ、疾患進行または死亡のリスクが有意に減少。
  • 治療効果→治療反応と持続性の向上。
  • 安全性プロファイル→SC、VRd、レナリドミド(R)の既知の安全性プロファイルと一致。
  • 治療の目的→多発性骨髄腫の根治を目指した治療の提供。
  • 研究の協力→European Myeloma Network (EMN)との共同研究。

参考文献

Johnson & Johnson submits application to the European Medicines Agency for DARZALEX® (daratumumab)-based quadruplet therapy for the treatment of patients with transplant-eligible, newly diagnosed multiple myeloma
https://www.jnj.com

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。