STELLANEWS.LIFEは、最新の医療技術や薬剤の開発情報を分かりやすく紹介することで、読者に知識を提供することを目的としている。今回紹介するのは、高リスクの局所進行性筋層浸潤性尿路上皮がんおよび局所進行性切除可能な尿路上皮がんを持つ患者に対する手術後の補助療法として、ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)が観察群に対して疾患無進行生存期間(DFS)を有意に改善したという結果である。

  • 研究名→AMBASSADOR (A031501)/KEYNOTE-123。
  • 治療薬→ペムブロリズマブ、PD-1阻害薬。
  • 治療効果→観察群に対してDFSを14カ月から29カ月に倍増。
  • 統計的有意性→疾患再発または死亡リスクを31%低下(HR=0.69 [95% CI, 0.54-0.87]; p=0.001)。
  • 対象患者→高リスクの局所進行性筋層浸潤性尿路上皮がんおよび局所進行性切除可能な尿路上皮がんを持つ患者。
  • PD-L1発現状況→患者のPD-L1発現状態にかかわらずDFS結果は一貫していた。
  • 全生存期間(OS)→この中間解析時点で統計的有意差は確認されず、データ成熟を待ってフォローが続行。
  • 安全性プロフィール→以前の研究と一致し、新たな安全性シグナルは確認されなかった。
  • スポンサー→米国国立衛生研究所(NIH)傘下の米国国立がん研究所(NCI)。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。