STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

BayerおよびBlueRock Therapeuticsは、パーキンソン病治療のための幹細胞由来細胞療法bemdaneprocelの第1相臨床試験18カ月データを発表した。このデータは、ポルトガルのリスボンで開催されたアルツハイマー病およびパーキンソン病関連会議で発表された。18カ月時点で、bemdaneprocelは引き続き良好な忍容性を示し、移植細胞が脳内で生存・定着し、免疫抑制療法の中止後もF-DOPA信号が増加していることが示された。さらに、探索的臨床エンドポイントは基準値と比較して改善し、高用量コホートの参加者では低用量コホートに比べて大きな改善が見られた。これらの結果は、パーキンソン病の新たな治療オプションとしての可能性を示唆しており、さらなる研究の必要性を強調している。

  • 研究の発表元→BayerおよびBlueRock Therapeutics
  • 発表日→2024年3月6日
  • 研究の目的→パーキンソン病の治療のための幹細胞由来細胞療法bemdaneprocelの安全性および効果の評価
  • 研究の概要→bemdaneprocelは、パーキンソン病によって失われたドパミン産生ニューロンを置換することを目的とした幹細胞由来の細胞療法
  • 臨床試験→非ランダム化、非対照、オープンラベルの多施設共同第1相試験。12人のパーキンソン病診断を受けた被験者が、2つの異なる用量レベルのbemdaneprocel細胞を脳の両側の後交連の部位(post-commissural putamen)への外科的移植、および1年間の免疫抑制療法の投与を受けた
  • 将来への展望→bemdaneprocelのさらなる臨床試験のためのフェーズII試験が今年後半に開始予定

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。