STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

大塚製薬およびその米国子会社であるOtsuka Pharmaceutical Development & Commercialization, Inc.(OPDC)は、アルツハイマー病に起因する認知症関連の行動障害(アジテーション)の治療におけるAVP-786の第3相臨床試験のトップライン結果を発表した。本試験では、AVP-786とプラセボの間で、主要な有効性評価項目であるCMAIの基準値から12週間の変化において統計学的に有意な差は得られなかった。試験において、AVP-786を使用した患者でプラセボよりも高い副作用の発生率を示したものとして転倒が報告されている。

  • 発表元→大塚製薬
  • 発表日→2024年2月13日
  • 試験の目的→アルツハイマー病に起因する認知症関連の興奮状態の治療
  • 試験結果→AVP-786は、主要評価項目であるCMAI総得点の変化で統計学的に有意な差を示せず
  • 副作用→治療による副作用として転倒が報告され、高用量では8.6%、低用量では9.1%、プラセボ群では2.8%の発生率
  • 死亡事例→試験中に報告された死亡事例は、AVP-786低用量群で1例(0.5%)、プラセボ群で3例(1.4%)

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。