STELLANEWS.LIFEでは、医療および製薬業界の最新情報を専門的に取り上げ、その影響や意義を解説する。今回紹介するのは、欧州医薬品庁の医薬品委員会(CHMP)が、転移リスクが高い切除可能な非小細胞肺がん(NSCLC)の治療において、化学療法との併用後にキイトルーダ(一般名ペムブロリズマブ)を単独療法として継続使用する新たな治療法に対して、ポジティブな意見を発表したことである。

  • 承認基準→第3相KEYNOTE-671試験の結果に基づく。この試験では、術前にキイトルーダと化学療法の併用、手術後のキイトルーダ単独療法が、プラセボと化学療法の併用に比べて、全生存期間および無事象生存期間の有意な改善を示した。
  • 治療法の新規性→再発リスクが高い切除可能な非小細胞肺がん(NSCLC)における、抗PD-1/L1療法としては初のCHMPの肯定的意見。
  • 対象患者→再発リスクが高い切除可能なNSCLCの成人患者。
  • キイトルーダの作用機序→PD-1受容体をブロックし、体の免疫系が腫瘍細胞を検出し、攻撃する能力を高める。
  • 治療の適用範囲→米国では既に同様の適応症でキイトルーダが承認されている。
  • 肺がんについて→肺がんは世界で最も死亡率が高いがんの一つであり、非小細胞肺がんは肺がん全体の約80%を占める。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。