STELLANEWS.LIFEは、医療および製薬業界の最新情報を提供することを目的とし、業界内の動向、技術革新、企業間の合併や買収などのニュースを分かりやすく解説する。今回紹介するのは、Bristol Myers Squibb(BMS)がRayzeBioの買収を完了し、アクチニウムベースの放射性薬品プラットフォームを追加したことについてである。
  • 買収完了日→2024年2月26日。
  • 買収先企業→RayzeBio。
  • 買収後の状況→RayzeBioはNASDAQグローバル市場での取引を停止し、BMSの完全子会社となる。
  • 主要プログラム→RYZ101 (225Ac-DOTATATE)、固形腫瘍治療用の放射性薬品療法(RPTs)。
  • 対象疾患→GEP-NETsと広範なステージの小細胞肺がん(ES-SCLC)。
  • 臨床試験→RYZ101によるSSTR陽性GEP-NETs患者を対象とした第3相試験、およびES-SCLCの一次治療としての第1b相試験。
  • 買収価格→1株当たり62.50ドル、総額約41億ドル。
  • 株式公開買い付け→2024年2月22日に終了し、RayzeBioの発行済み株式の約86%が有効に応札された。
  • 買収手続き→デラウェア州法251条(h)に基づき、株主の投票なしにRayzeBioを合併し、買収を完了。
  • 顧問会社→BMSにはBofA SecuritiesとCovington & Burling、RayzeBioにはCenterview PartnersとCooleyがそれぞれ顧問としてサービスを提供。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。