STELLANEWS.LIFEでは、医薬品開発や健康に関わる最新情報を提供し、読者に有益な知識を届けることを目的としている。今回紹介するのは、Bristol Myers Squibb(BMS)が発表した、再発性多発性硬化症(MS)患者におけるオザニモド(商品名Zeposia)の長期的な有効性と安全性を強調するDAYBREAK研究からの新たなデータである。
  • 発表元→BMS。
  • 発表日→2024年2月29日。
  • 試験名→Phase 3 DAYBREAKオープンラベル拡張試験。
  • 研究の成果→オザニモドが再発性の多発性硬化症患者において、年間再発率0.098という低い数値を示し、6年間の治療で67%の患者が再発なしであった。
  • 安全性→オザニモドの安全性プロファイルは、約10年にわたる臨床経験と一致している。
  • 別のDAYBREAK分析→オザニモド中止後90日で追跡された患者の約97%が再発なし。再発した患者はリバウンド効果の証拠がなかった。
  • 参加患者→2,494人が平均60.9カ月(12,664.7人年)にわたってオザニモドに曝露。
  • 副作用→最も一般的な治療発現有害事象は、上気道感染症(21.3%)、頭痛(17.1%)、COVID-19感染(16.5%)、上部呼吸器感染症(12.4%)。
  • 発表予定→第9回ACTRIMSフォーラム2024で発表。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。