STELLANEWS.LIFEでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する最新の治療法として注目される情報を提供している。この度、Gilead Sciences, Inc.によるレムデシビル(商品名ベクルリー)の使用に関する3つのリアルワールドデータが、第31回Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections(CROI)で発表された。これらのデータは、入院したCOVID-19患者に対するレムデシビルの有効性と安全性プロファイルをさらに補強するものである。
  • 発表内容→レムデシビルは、COVID-19の長期的な症状(ロングCOVID)のリスクを低減すること、特に免疫不全患者においては死亡リスクを顕著に減少させることが関連している。
  • 研究結果→レムデシビル使用が、入院したCOVID-19患者における特定のロングCOVID症状のリスクを減少させることが示された。また、免疫不全患者での使用は、オミクロン株流行期間中(2021年12月~2023年4月)の死亡リスクを減少させた。
  • 治療の組み合わせ→レムデシビルとデキサメタゾンの併用治療は、デキサメタゾン単独治療に比べて死亡リスクを低減させることが関連。
  • 研究データ→HealthVerityデータから52,006人の患者を分析した結果、レムデシビル使用はロングCOVIDのあらゆる症状のリスクを10%低下させた。
  • 免疫不全患者における効果→PINC AIヘルスケアデータベースからの分析結果、レムデシビル使用は免疫不全患者の死亡リスクを25%低下させることが示された。
  • 安全性プロファイル→レムデシビルは、様々な患者集団で確立された安全性プロファイルを持ち、限定的な既知の薬剤相互作用を有する。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。