STELLANEWS.LIFEは、医療および製薬業界の最新情報を提供し、革新的な治療法や技術の進展に関するニュースを発信している。今回紹介するのは、Kite社が米国食品医薬品局(FDA)から製造プロセスの変更承認を受け、アキシカブタゲン シロルユーセル(商品名イエスカルタYescarta)CAR T細胞療法の平均的な製造期間の短縮につながる見通しが示されたというニュース。この変更により、T細胞を採取する白血球アフェレーシスから治療提供までの期間が、従来の16日間から14日間へと短縮される見込みだという。
  • 発表企業→Kite, a Gilead Company(ギリアド・サイエンシズ傘下)。
  • 承認日→2024年1月30日。
  • 承認された変更→アキシカブタゲン シロルユーセルの製造プロセス変更、平均的な製造期間の短縮。
  • 短縮後の平均製造期間→16日間から14日間へ。
  • 療法の対象→再発または難治性の大細胞B細胞リンパ腫患者。
  • 療法の意義→CAR T細胞療法は一度きりの治療であり、患者のT細胞を遺伝子操作して再注入する。
  • 研究拠点→スタンフォード大学を含む米国内135カ所以上、世界全体で400カ所以上の認定治療センター。
  • 治療を受けた患者数→全世界で17,700人以上。
  • 重要な安全性情報→サイトカイン放出症候群(CRS)や神経毒性など、重大な副作用が発生する可能性。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。