STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

2024年3月18日、BMSは、Karunaの買収を成功裏に完了したと発表。この買収により、KarunaはBMSの完全子会社となり、Karunaの株式はNasdaq Global Select Marketでの取引を終了。キサノメリンとトロスピウムの合剤は、統合失調症の成人患者を対象とした治療薬として、2024年9月26日に処方箋薬使用フィー法(PDUFA)の審査予定日を控えている。キサノメリンとトロスピウムの合剤は、統合失調症における既存の標準治療薬への補助療法や、アルツハイマー病患者の精神病治療の登録試験にも取り組んでおり、双極性I型障害やアルツハイマー病のアジテーションなど、追加の適応症への拡大が期待されている。

  • 発表元→BMS
  • 発表日→2024年3月18日
  • 買収→BMSは、Karunaの買収を成功裏に完了したと発表。買収はBMSの非GAAP希薄化後一株当たり利益に2024年は約0.30ドルの希薄化効果があると予想される。コスト効率とポートフォリオの優先順位付けを通じて買収の運営費用を相殺することが期待されるという
  • KarXTの概要→キサノメリンとトロスピウムの合剤。統合失調症の成人患者を対象とした、新規作用機序を持つ抗精神病薬
  • 将来の展望→キサノメリンとトロスピウムの合剤は統合失調症、双極性I型障害、アルツハイマー病のアジテーションなど、複数の適応症での使用が検討されており、大きな市場ポテンシャルを秘めるという

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。