STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

富士フイルムと名古屋市立大学が、MRI画像から脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を共同で開発した。この技術は、「治療で改善できる認知症」とされるハキム病の診断精度向上に寄与することが期待される。ハキム病は、進行性で、早期発見・早期治療が非常に重要な疾患である。

  • 発表元→富士フイルム、名古屋市立大学
  • 発表日→2024年3月18日
  • 研究の目的→ハキム病の診断精度向上
  • 技術の概要→富士フイルムの「SYNAPSE Creative Space」を用いて、MRI画像から脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を開発
  • 研究の意義→早期発見が重要なハキム病の診断において、医師の主観による評価の差を解消し、診断精度の向上を図る
  • 今後の展望→本技術を搭載した製品の早期市場導入を目指す

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。