STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

Johnson & Johnsonは、2024年3月20日から23日にチェコ共和国プラハで開催される今年の欧州肺がん会議(ELCC)で、アミバンタマブに関わるがん治療の新たなデータを発表するという。同社は、EGFR変異型非小細胞肺がん(NSCLC)患者の標準治療を変える影響があると説明する。この3月、米国食品医薬品局(FDA)は、化学療法との併用により、EGFRエクソン20挿入変異を持つ局所進行または転移性NSCLCの一次治療薬としてアミバンタマブを承認した。

  • 発表元→Johnson & Johnson
  • 発表日→2024年3月18日
  • 研究の背景→EGFR変異を持つ非小細胞肺がん(NSCLC)の標準治療を変革するためのアミバンタマブに基づく治療レジメンの有効性の評価
  • 研究の手法→第3相MARIPOSA研究、第1b相PALOMA研究における探索的分析からの結果の発表
  • 研究の結果→アミバンタマブの用量中断の影響、月1回の皮下投与による推奨用量の確認、PAPILLONおよびMARIPOSA-2研究からの進行後の分析結果を含むデータの提示
  • 発表のポイント→アミバンタマブがEGFR変異型非小細胞肺がんの治療において果たす役割の強化

参考文献

RYBREVANT® (amivantamab-vmjw) data at ELCC advance Johnson & Johnson’s ambition to transform the standard of care for patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer
https://www.jnj.com/media-center/press-releases/rybrevant-amivantamab-vmjw-data-at-elcc-advance-johnson-johnsons-ambition-to-transform-the-standard-of-care-for-patients-with-egfr-mutated-non-small-cell-lung-cancer

RYBREVANTと化学療法の併用、EGFRエクソン20挿入変異を持つ非小細胞肺がんの一次治療薬としてFDA承認
https://stellanews.life/technology_category/4508/

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。