STELLANEWS.LIFEでは、医薬品分野における最新の研究や開発に関する情報を、独自の視点で選りすぐり、読者に提供している。科学技術の進展により、多くの人々の生活が向上する可能性があり、その一環として、今回紹介する情報は次の通り。

アステラス製薬は、加齢黄斑変性による地図状萎縮の治療薬であるアバシンカプタドペゴルに関するsNDAが、FDAにより受理されたことを発表した。この申請は、第3相試験GATHER2の結果に基づき、肯定的な2年間のデータを処方情報に追加することを目指しているという。

  • 発表元→アステラス製薬
  • 発表日→2024年4月1日
  • 研究の目的→加齢黄斑変性による地理的萎縮の治療におけるアバシンカプタドペゴルの有効性と安全性の評価
  • 臨床試験→第3相試験GATHER2。この試験では、月1回および隔月での投与が2年間にわたり、プラセボと比較して地図状萎縮の病変進行率を低下させることが示された
  • 治療の重要性→2年間のデータに基づき、加齢黄斑変性による地図状萎縮の治療薬としての長期使用が承認されることは、網膜専門医にとって治療選択肢を広げる変化となる

参考文献

U.S. FDA Accepts Astellas’ Supplemental New Drug Application for IZERVAY (avacincaptad pegol intravitreal solution) for Geographic Atrophy
https://www.astellas.com/en/news/29016

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。