STELLANEWS.LIFEは、医薬品分野における最新の研究成果や開発動向を、客観的かつ専門的な観点から提供することに特化したメディア。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、特に注目すべき情報を選りすぐり、詳細な解説を交えて提供している。今回の記事で取り上げる内容は次の通り。

TevaとLaunch、並びにAbingworthは、気管支喘息治療用の2つの異なる作用機序を持つ成分を組み合わせた救急用吸入器(TEV-‘248)の開発を加速するための契約を締結したことを発表した。異なる機序の成分を組み合わせたことを「デュアルアクション」と表現している。この取り組みは、Tevaの専門知識とLaunchの後期開発モデルを組み合わせ、TEV-‘248プログラムの進展を図るものという。また、Abingworthとの戦略的開発資金提供契約により、TEV-‘248プログラムの臨床研究を加速し、プログラム費用を補填するために最大1億5000万ドルが提供される。

  • 発表元→Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Launch Therapeutics, Inc.、Abingworth
  • 発表日→2024年4月1日
  • 協力の目的→気管支喘息治療用デュアルアクション救急用吸入器(ICS-SABA/TEV-‘248)の臨床研究の加速
  • 開発資金提供契約→AbingworthからTevaへの最大1億5000万ドルの資金提供
  • 研究の進行→Launch Therapeuticsが臨床試験の運営および管理を主導
  • TEV-‘248の特徴→吸入ステロイドと短時間作用型β2刺激薬(ICS-SABA)を組み合わせ、大人および小児の気管支喘息治療に使用される予定

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。