STELLANEWS.LIFEは、最新の医療技術や薬剤に関する重要な発表をわかりやすくお届けすることを目的としている。今回紹介するのは、Pfizer社からの重要なプレスリリースである。このリリースでは、高齢者を対象としたABRYSVOワクチンの2シーズン目の効果に関するポジティブなトップラインデータが発表されている。

  • 発表日→2024年2月29日、午前8時。
  • ワクチン名→ABRYSVOは、単回投与後に2シーズンにわたり、RSV AおよびRSV B型疾患に対して高い保護効果を維持する二価ワクチンである。
  • 効果→60歳以上の成人を対象とした2シーズン目のRSV下気道疾患に対する効果は77.8%。
  • 継続性→1シーズン目の88.9%から減少したが、約16.4カ月の疾病監視を通じて、2シーズンにわたる効果は81.5%と高い。
  • 安全性→2シーズン目を通じて、新たな有害事象は報告されていない。
  • 認可と推奨→2023年5月にFDAから60歳以上の成人を対象に承認され、同年6月にACIPの推奨を受けた。
  • 追加の臨床試験→2歳未満の高リスク児童および18歳以上の高リスク成人を対象としたABRYSVOの追加臨床試験が開始されている。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。