STELLANEWS.LIFEは、医薬品や医療機器に関する最新の研究や治療法、承認情報などを専門的な観点から提供することを目指している。今回の記事では、ノバルティスによるモルフォシスAGの買収合意について紹介する。この取引は、血液疾患領域におけるノバルティスのパイプラインを強化し、次世代の治療オプション開発を加速させることを目的としている。

  • 発表日→2024年2月5日。
  • 取引の概要→ノバルティスは、腫瘍領域におけるパイプラインの強化と、がん治療の次世代オプション開発のため、モルフォシスAGを現金27億ユーロで買収することに合意した。
  • 対象となる治療薬→買収には、骨髄線維症(MF)治療のための後期段階BET阻害剤pelabresibおよび、固形腫瘍またはリンパ腫治療のための初期段階の二重阻害剤tulmimetostatが含まれる。
  • pelabresibの効果→第3相MANIFEST-2研究で、JAK阻害剤未治療のMF患者を対象にruxolitinibとの併用時に脾臓体積の減少を示し、症状改善の有利な傾向と良好な安全性プロファイルを示した。
  • 取引完了予定→2024年上半期、通常の締結条件、包括的なモルフォシスAGの株式の65%以上の取得、規制当局の承認を条件としている。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。