STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

アステラス製薬とPfizer Inc.は、エンホルツマブ ベドチン(PADCEV)とペムブロリズマブ(KEYTRUDA)の併用療法について、未治療の局所進行性または転移性尿路上皮がん患者を対象とした一次治療として、欧州医薬品庁(EMA)にタイプII変更申請を行い、これが受理された。承認されれば、進行性膀胱がんをはじめ進行性の尿路上皮がんに対して、従来のプラチナ系化学療法に代わる最初の選択肢となり得る。

  • 発表企業→アステラス製薬、Pfizer Inc.
  • 発表日→2024年1月26日
  • 承認申請の内容→エンホルツマブ ベドチンとペムブロリズマブの併用を、未治療の局所進行性または転移性尿路上皮がん患者の一次治療として使用
  • 研究成果→第3相試験EV-302(KEYNOTE-A39としても知られる)に基づく。この組み合わせは、プラチナ系化学療法と比較して全生存期間(OS)および無進行生存期間(PFS)を統計学的に有意に延長した
  • 治療の意義→EMAのヒト用医薬品委員会(CHMP)およびその後の欧州委員会(EC)による意見表明と判断が2024年中に予想される

参考文献

European Medicines Agency Validates Type II Variation Application for PADCEVTM (enfortumab vedotin) with KEYTRUDA® (pembrolizumab) for First-Line Treatment of Advanced Bladder Cancer
https://www.astellas.com/en/news/28801

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。