STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

大塚製薬は、2021年9月に住友ファーマおよびその米国子会社であるSumitomo Pharma America(SMPA)と締結した4薬剤についての共同開発・商業化ライセンス契約の改訂を発表。改訂により大塚製薬はウロタロントおよびSEP-380135については世界における開発、製造、商業化に関する独占権利を保持することになる。従来の契約に含まれた2薬剤(SEP-4199、SEP-378614)は除外。

ウロタロントは、TAAR1(トレースアミン関連受容体1)アゴニストであり、セロトニン5-HT1A受容体にも作用するが、ドーパミンD2受容体やセロトニン5-HT2A受容体には結合しない経口小分子薬。米国食品医薬品局(FDA)からは、精神分裂症を対象とした2つの臨床試験の結果に関して比較的肯定的なフィードバックを得ているという。また、SEP-380135は、非臨床試験に基づいて、認知症に伴う行動的および心理的症状に対して効果的である可能性が示唆されている。従来契約に含まれた他の2薬剤は除外。共同開発を中止となる。

  • 発表元→大塚製薬、住友ファーマ
  • 発表日→2024年3月15日
  • 改訂内容→大塚製薬が、ulotarontおよびSEP-380135の開発、製造、商業化に関する独占権利の保持。共同から単独に切り替え。
  • ウロタロントについて→TAAR1アゴニストであり、精神分裂症治療における新たな可能性がある
  • SEP-380135について→非臨床試験に基づき、認知症に伴う行動的および心理的症状に対して効果的である可能性が示唆される
  • 今後の見通し→両化合物の開発と商業化に成功すれば、大塚製薬は最大で合計3,000万米ドル(約45億円)のマイルストーン支払いを行う予定

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。