STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

大塚製薬および米国子会社のOtsuka Pharmaceutical Development & Commercialization(OPDC)は、結核(TB)に対するデラマニドおよびベダキリンの併用薬クアボデピスタット(quabodepistat、QBS)の第2b/c相試験の中間データが肯定的で、従来の標準的な治療よりも短い期間の治療を実現し得ると発表した。QBSは結核菌の細胞壁構造に干渉する新たな作用機序を持つ研究中の抗結核薬である。世界的に、結核は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に次ぐ2番目に致死的な感染症であると、その重要性を強調している。

  • 発表元→大塚製薬、OPDC
  • 発表日→2024年3月22日
  • 研究の目的→デラマニドおよびベダキリンと組み合わせたクアボデピスタットの安全性と有効性の評価
  • 試験の概要→薬剤感受性肺結核患者を対象とした4カ月間の治療レジメンの安全性と有効性を評価する第2b/c相、多施設、オープンラベル、無作為化、用量探索試験
  • 研究の結果→QBSを含む3剤併用療法は、標準的な6カ月間の4剤結核治療と同等の安全性と有効性を示し、重大な治療関連有害事象は報告されていない。治療期間の短縮につながる可能性を示した

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。