STELLANEWS.LIFEは、科学や技術、医薬品分野における最新の研究成果や革新的な発見を紹介することに特化したメディアである。本ウェブサイトでは、持続可能な方法で最新の話題を読者に届けるため、毎日更新される研究成果から特に注目すべき情報を選りすぐり、専門的な知見を交えて提供している。今回の記事で伝える情報は次の通り。

アストラゼネカおよびサノフィのニルセビマブが、RSVによる下部呼吸器疾患(LRTD)の予防を適応症として日本で新たに承認された。この承認は、幅広い乳幼児集団に対するRSV LRTDの予防選択肢として初めて開発されたもの。健康な満期児、早産児、重症疾患に対して脆弱な特定の健康状態を呈する乳児を含む。日本の厚生労働省による承認は、ニルセビマブに関する3つの重要な後期臨床試験に基づいている。これらの試験は、典型的なRSVシーズンの期間である5カ月を通じて、RSV LRTDに対するニルセビマブの一貫した予防効果を示したと説明されている。

  • 発表元→アストラゼネカ、サノフィ
  • 発表日→2024年3月27日
  • 研究の目的→RSV LRTDの予防
  • ニルセビマブの概要→全ての新生児、乳幼児、小児を対象としたRSV LRTDの予防に対する最初で唯一の選択肢。長期作用型のモノクローナル抗体。
  • 臨床試験→重要な後期臨床試験3つ(第2b相、第3相MELODY、第2/3相MEDLEY)に基づく。
  • 効果→1回の投与でRSVシーズンを通じてRSV LRTDに対する予防効果を示す。全臨床エンドポイントにおいて一貫した効果を示す。
  • 日本におけるRSV LRTDの状況→毎年10万件以上のRSV LRTDの症例が報告されている。

STELLANEWS.LIFE

STELLANEWS.LIFE | ヘルスケアのニュースを医療専門の編集者とAI(人工知能)の力で毎日届ける。世界中の新しい情報から気になった話題を独特の手法で伝えます。

執筆/編集/審査監修/AI担当

星 良孝(ほし・よしたか)
ステラ・メディックス代表/ 獣医師 ジャーナリスト。日経BP、エムスリーなどに所属し、医療や健康、バイオなどの分野を取材。

AIを用いた編集

当サイトの掲載情報(文章やアイキャッチ画像、HTML、CSS)はAI生成技術により強化されています。株式会社ステラ・メディックスが皆さまの理解を促しやすい形態を研究しております。